外貨MMFは為替差益が非課税

非課税 外貨MMFの大きなメリットが為替差益が非課税というところです。外貨預金・FXは為替差益が出た場合、雑所得の総合課税で課税されますが(雑所得の合計額が20万円以上の場合)、外貨MMFはいくら差益がでても、課税されません。

 公社債投信の譲渡益については課税しないという規定が適用されるからで、とても有利なメリットとなります。

 ただし、この非課税のメリットは2015年中までで、2016年1月からは為替差益については、株式と同様の20%の申告分離課税となります。

2016年からの課税に向けて対応しなければいけないこと

 外貨MMFの為替差益について、2016年1月から課税となりますので、それを見越して対応しなくてはいけないのは、今現在もっている外貨MMFについてです。

 まず、利益が出ている外貨MMFについては、基本的には売却した方がトクをするかと思われます。
 いくら利益が出ているかによりますが、2015年中に売却すれば、為替差益分は非課税ですが、2016年に入ると、20%分課税されます。利益の2割がなくなるということです。実際には、支払う手数料とも比べないとダメで、例えば1円程度の利益なら手数料の支払いの方が多くなるケースもあるのでホールドしておく方がトクですが、手数料を差し引いてもプラスになるのであれば、2015年中に売却して利益を確定、必要であれば再投資が無難になるかと思います。

 2016年からの外貨MMFは、課税となりますが、メリットとして損が出た場合は、特定口座に入れて、ほかの資産(上場株式、ETF、投資信託)などと損益通算ができるようになります。ただ、2016年に入って購入したものに限ります。
 2015年までに購入した外貨MMFについては、2016年に入って損が出た場合にも損益通算ができません。ですので、2015年中にしっかり考えておく必要があります。

サブコンテンツ

為替手数料が安いおすすめの証券会社


このページの先頭へ